なるべく落ち着いた生活を送るため

なるべく落ち着いた生活を送るため

そこで、なるべく落ち着いた生活を送るためにも、ライフスタイルの時間割りを作ってしまうことをおすすめします。もちろん、毎日その通りにしなくてもいいんだという軽い気持ちで、朝起きる時間、朝食、昼食、夕食、家事、散歩、買い物、寝る時間などをタイムテープル式に作ります。働いている人はとくにタイムスケジュールを作って、休み時間なども有効に使えるよう工夫しましょう。忙しくても、よけいなことを考えてクヨクヨするよりいい、くらいの気持ちでいたいものです。

 

 

睡眠時間はたっぷりとりましよう。夜ふかしはニキビ中は特によくありません。夜10時?H時には寝たいものです。そして、最低8時間は睡眠をとるようにし、昼寝とはいかないまでも1時間くらいは横になるようにします。また食後は30分くらいゴロゴロとしていた方がよいのです。横になるときは足の下にクッションでもおいて高くすると楽になります。

 

ニキビ初期はおなかも大きくなく苦しいことはありませんから、ふだんと同じようにしがちです。しかし、初期は流産の可能性がある時期ですから、意識して気をつけましょう。特に、ニキビH週までは要注意です。

 

 

台にのってとらなくてはいけないようなときは要注意。台から落ちておなかをう?たりしては、初期には流産、後期には早産の心配があります。特におなかが大きくなると、バランスがとりづらくなるため、まさか、と思うことでひっくりかえったりしますから、くれぐれも注意してください。できるだけ誰かに頼むようにしましょう。重たい物をもつ重たい物をいきなり持ち上げると、腹圧がかかり、凸凹クレーターの危険があります。まず、床に片ひざをついてから持ち上げるようにしましょう。頭ではわかっていても日常のこととなると忘れがちです。まして、おなかが大きくない初期は無理をしがちですから、意識して気をつけてください。ふとんの上げおろしもなるべくやめて、ご主人にまかせましょう。