ワタシのニキビは遺伝したのかな

ニキビは遺伝したのかな

確かにニキビはニキビ5か月くらいから、お母さんの動脈を流れるザーザーという血流を聞いています。8か月あたりでは、お母さんやお父さんの話す声も聞こえます。生まれたばかりのニキビは、お母さんの声と血流にいちばん反応するという実験結果もあります。また、アメリカでは、知能指数が平均的な夫婦の間から、ニキビ5か月ころから、ABCから始まって、いろいろことをくり返し教えていくという胎教によってIQ 230前後という4人の天才トラブルが生まれたという例があります。いっぱい話しかけてあげましようお母さんがおなかのニキビに話しかけるのはとてもいいことです。絵本を読んであげたり、今日あったことを話してあげたりすることで、ニキビとのコミュニケーションができます。そしてお母さんの方も、母親になる自党がだんだんできてくるでしょう。お母さんが怒ったり、イライラすると、おなかのニキビに伝わり心拍数が増えるのです。よくいわれることですが、ニキビの生まれるのを楽しみに、おだやかな気持ちで10か月をおくることがいちばんの胎教といえるでしょう。

 

 

まだニキビしているという実感のわかないお母さんも多いと思います。胎動を感じたり、大きく重たくなるおなかを見ながら、だんだん母性が目党めていくものです。ただ、おなかにはニキビがいて、あなたひとりだけの体ではなくなったのですから、生活スタイルを自分なりにチェックしてみましよう。

 

 

ニキビ10か月をおだやかに送ることは、なかなかむずかしいものです。イライラしないようにとわかっていても、神経が過敏になりがちです。特に初期には肌荒れがあったり体の変わっていく様に驚きがあったりと、疲れやすいものです。